3.大阪城

大阪城について書いていきます。

大阪環状線で新今宮駅から大阪城まで40分ぐらいです。

入館料は600円、入場時間は9~17時までです。

最初から、大阪城公園に入った時から、迫力がありきれいでした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_1527-768x1024.jpg

度の角度からみても大阪城が見れます。しかし、どの角度からもベストフォトが撮れないのがんあてんでした。

こういうところの付近で、生まれれていたら大阪城周辺を、休日散歩してたんだろうなと感じました。

大阪城公園周辺は桜が咲いていました。

桜が満開なら圧巻だっただろうなと感じました。

桜まいちるなかに、忘れれた記憶と…

他には、豊国神社がありました。

豊臣秀吉像がありました。思ったより小柄なんだなと感じました。

公園を散策するだけでも十分楽しめます。

大阪城と場内です。

お城は,一般的には、白黒お城が多いですけど、緑色というのが豊臣秀吉の派手さをものがっています。

お城の中で、一番か、二番目に好きな城になりました。

ちなみに、豊臣秀吉が建てた天守閣でもなく、徳川家康が建てた天守閣でもないそうです。

徳川家康が建てた天守閣は、落雷によって火事で焼失してしまったそうです。

現在の天守閣は、大阪市民、寄付で再建した豊臣秀吉の天守閣だそうです。

やっぱ、大阪市民は豊臣秀吉なんだなと感じました。

中の展示物にもいろいろ仕掛けがあって思い炉かったです。

大坂夏の陣図展風に描かれた合戦シーンを巨大スクリーンに映す、パノラマビジョンがあったり、

ミニチュアで、夏の陣が再現されていました。

戦国武将という、三英傑を思い浮かべますが、次世代の武将というイメージがしました。徳川家康の息子や孫、真田幸村、福島正則など新時代でした。

これ以降、大きな戦もなく、躍起になるのが分かります。

豊臣秀吉の一生を描いたブースでは、白人の男の人二人組が、

このブースで、「秀吉は本当に頭がいいよ、そしてアイデアマンだよね」と感心と議論しながらみていました。

私は、その白人たちが目の間にいて、しかも身長が180cm~190cmぐらいあったのので見えなかったので、英語を聞きながらなんとなく理解するしかありませんでした。

見えなかったので、一人でチューチュートレインしてました。

ちびってふりだよね….

この合戦と戦国武将のおかげで日本には平和な時代が来ているだな~と感謝で、言葉にできません。

小田和正になります。

最後に、戦国武将のガチャガチャを引きました。種類は10種類ぐらいあります。

一回目は、伊達政宗様でした。伊達様かっこいいからいいよ。

二回目は、だれがでるかなとおもってひいたら

伊達様でした。だてさまかい!!

他の城行っても、伊達様に俺をみろ!といわれてるようでした。

東北旅行の伊達様の像撮った時でも、青い光が入ったりインパクトつよいんですよね

東北編(宮城)はこちらです。

旅行日誌~宮城①(仙台) – ダイの冒険 (daitravelgame.com)

大阪城に行っても、伊達政宗様の影響が強い大阪城でした、伊達様にまもられてるのか??

旅行日誌~大阪⑤に続きます。

投稿者 dai