6.なんば

なんばについて書いていきます。

ほとんど、NGK(なんばグランド花月)について書いていきます。

公演が11時で見ようと思いましたが、この日も朝早く起きてしまいました。

部屋でうだうだしていましたが、どうせなら、早く行こうと思って8時30分ぐらいに出発しました。

NGKに行った後に、関西国際空港にいって、北海道に帰ろうと思っています。

そこで、なんばのコインロッカーに預けようと思いました。

すると、コインロッカーが600円。

手元にある小銭が、500円。百円たりない。

両替してもらおうと、緑の窓口にいったら、

親切に対応してくれて、コインロッカー両替所に案内してもらいました。

まってよ、コインロッカー両替所ってなんだ?

駅の裏側の事務所みたいなところで、千円札をすべて100円玉にかえてもらいました。

親切なのか不親切なのか、

みどりの窓口で両替してもらえるか、両替機を置いた方がはやかったのでは…

なんとか、コインロッカーに荷物を預けて、身軽にNGKにいきました。

なんばグランド花月には、9時半についてしまいました。

開演が11時です。入場が10時半だったので、一時間ぐらい待つことになりました。

お店を回っても、早すぎて店がやってない。

唯一やっていたのが目の前のタリーズコーヒー。ここでいつ空くか、密偵していました。

アンパンと牛乳じゃなく、モーニングマフィンとホットコーヒーと、おしゃれですな~

そして、偵察していると、10じぐらいから、もう列ができている。

わたしも、慌てて席をとりましたが、一階席は満席でした、二階席になりました。

会場の前で、一日支配人として、去年キングオブコントで優勝したサルゴリラが、客引きと写真撮影していました。

人よさとコンビ中の良さを感じました。

それでは、会場です。景色はこんな感じです。

芸人さんも言っていましたが、平日なのに、満席御礼、老若男女でした。

北海道のライブとかもいくですけど、空席があったり、偏りがあったりするですけどね。

それでは、見た芸人さんの漫才、コントなどをすこしだけ、紹介します。

ダブルヒガシさんは、はないちもんめの漫才をやっていました。会場がまだあったまってないのに

笑いがおきてました。

雰囲気なども好きだったので、推しになろうかと思います。

次に、サルゴリラさん、どんな状態から、不幸話にするコントをしていました。

ステップアップ上に話を盛り上げる、笑いも増やす感じが、腕を感じました。

次に、ノンスタイルさん、いつも通りワンスタイルでした。

一番面白かったのは、あまり漫才をしているイメージはなかったんですが、メッセンジャーさん

愚痴や悪口を、笑いに変える感じと、お客さんに振ったりしたりしていたのでおもしろかったです。

最後に、オール阪神巨人師匠です。長年コンビをやっていられるので、息ぴったりでした。

おもしろいよりも感動した感じでした。

最後に、NGKといったら新喜劇です。

私は、新喜劇って長くって飽きるだろうな~と思っていましたが、お客さんを巻き込む演出があり、

まさに、エンターテインメントですよ。あきることはなかった。

まとめると、北海道に比べて圧倒的に盛り上がり方やノリがいいです大阪人。

しかし、大阪人以上にわたしはゲラでした。

わたしは、どうしてもフリの状態でオチを考えて笑ってしまうたちなので、隣の人が

「なぜこのタイミングでわらってるだろう」という風にみられました。

笑いって人によって好きな笑いもタイミングも十人十色なんだと感じました。

大阪に住んでいたら、毎週のように言っているだろうと思ったなんばグランド花月でした。

これで、大阪編、近畿旅行日誌は最後になります。

まだ読んでない方もいると思うので、大阪編、以外にも、京都、奈良、和歌山があります。

そちらも呼んでいただけると、うれしいです。

加えて、初回作の「東北旅行編」もありますので、よろしくおねがいします。

旅行日誌~東北① – ダイの冒険 (daitravelgame.com)

投稿者 dai